オセロ

オセロのマニアックな話を書きます

王座戦 

5勝1敗で6位でした。

1回戦 N八段 白
馬定石からいつもの展開で30手目までノータイム。
たぶんこの展開もう4回目。
そして31手目で変化された・・・と思ったが後で調べたら最善手だった。
復習を怠りすぎである。
その後色々あったがなんとか勝利。
終局後「ここに打たれたら負けてました」と言いながら10石損-12の手筋を披露してしまった。

2回戦 H三段 白
序盤中盤全く隙のない打ち回しをされて涙目。

160906-1.png
白番

こんなの勝てるわけないよーって思いつつ仕方なくG1に打って粘ってたら数手後に時間切れしてくれたのでラッキー。
(ちなみにこのG1の手勝てるわけないと見せかけて実は引き分け形勢らしい)

3回戦 S四段 黒
試合前に引き分け狙いますと宣言されて動揺。
今大会は全勝の間は引き分けでも良しと考えていたが、さすがにみすみす引き分けにするのももったいない気がしたので温存してた定石を開放。
そう、もちろん野うさぎである。
さて、研究の成果もあり中盤は優勢に。

160906-2.png
黒番

この時点で相手は既に秒読み、こちらの残り時間は10分ほど。
黒B7から左辺で2手稼げればまず負けないように見える。
しかも相手も既に秒読みだし時間攻めしながら無難に進めてれば勝ちだろーって思ってサクサク打ってたらこの後相手がオール最善で気が付いたら逆転されてましたorz

4回戦 N六段 黒
もうやけくその野うさぎ2回目。
なんか一瞬やばかったが最後は辛うじて残ってた。

5回戦 S五段 白
なんか序盤打ち間違えたがそのおかげで相手が混乱して勝ち。

6回戦 T九段 白
中盤で相手に見落としがあって完勝。



今大会の敗因は「相手の時間が切迫するとかえってこっちが焦っちゃう」という心理面の弱さでしたw
何事にも動じない強靭な精神力を得るべく滝に打たれる修行が必要なようです。












スポンサーサイト
[ 2016/09/06 08:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

こぺんはーげん 

なんとか優勝しました。
細かいオセロ的な盤面とかは後日書くとして、とりあえずざっと振り返りを。


5/5
朝の飛行機で出発、現地時間夕方ごろ到着。初日から何故かいきなり日本食レストランに入ったが、席に着席するとこれまでの疲れがどっと押し寄せてきて食欲が減退し、かなり残してしまい申し訳なかった。

5/6
一日フリーだったので、観光へ。コペンハーゲン中心部とヘルシンオアとヒレロズを回った。欲張りすぎた結果、歩きすぎて左足が異常に痛くなった。つらい。

5/7
大会初日。会場の地図を持参し忘れてやばいと思ってたら、たまたま電車でKashiwabaraさんを発見し、連れて行ってもらえたので無事辿り付けた。
そんなこんなで大会開始
1回戦の相手はスウェーデンのJoroen Everts。後の決勝の相手といきなり当たりました。この試合は序盤で相手にミスが出て簡明に勝利。
2回戦を勝利し、3回戦はフランスのKashiwabaraさん。相手の序盤ノータイム着手にびびって無理やり定石変化しにいったら序盤で-12とかなって終わったかと思ったが、粘りが功を奏して逆転勝ち。
4回戦を勝利し、5回戦はスウェーデンのOskar Eklund。この試合はバッファロー打ってみたら相手がやたら詳しくてじわじわ追い詰められ、気が付いたら敗勢になっていたが、相手の48が敗着でなんとか勝利。
6回戦、7回戦は何事もなく勝利し、この日は7勝0敗。

5/8
大会二日目。
8回線を勝利し、9回戦はKarsten Feldborg。デンマークのベテラン強豪です。この試合は序盤でこちらにミスが出て劣勢に。最後まで粘ったものの逆転ならず4石負け。全勝優勝の夢が途絶える。
10回戦はフランスのMarc Tastet。WOC2013で負けた相手なのでリベンジするべく、相当序盤を堅く打ったのに、気が付けばなぜか敗勢に。51まで-12とかでどうしようもなかったが、52で相手に見落としの敗着が出て逆転勝ち。あんまり勝った気はしないがリベンジに成功。この時点で予選通過が確定。
11回戦も無事勝利し、10勝1敗で1位通過を決める。

決勝の相手は、同じく10勝1敗のJoroen Everts。1回戦で僕に負けて以降全勝してきたことになる。波にのってそうでやばい。
決勝の棋譜は以下にあります。
http://othellonews.weebly.com/copenhagen-2016.html

1戦目は黒を選択。kira様定石を放つも、20が初見。おそらく27が悪く、それ以降冷静に咎められて劣勢に。42は僕には全く見えていなかったが最善手。これで負けが確定した。僕は42のところでh2e1g1g8h8h7g7g2で右上連打をしてチャンスありなどという寝ぼけたことを考えていた。

2戦目は負けたらやばいので序盤を暗記で堅く打つ方針に。31が初見でよくわからなかったが、よくわからない。37はc7打たれてたらやばい気がしたけど、評価値的には勝ってるっぽくてよくわからない。41を打たれたところでカウンティングに入り、実戦の進行で勝ってることを5回くらい確認してから着手。実際は+10くらいあったらしいけど勝てばいいんすよ。

3戦目は黒番引き分け負けの条件でちょっと困ったが、5年くらい前に使ってた定石を採用。きがついたら優勢に。しかし35が謎手。恥ずかしいことに38b7を見逃していた。その後終盤色々あったが、最終的に相手の54が敗着で逆転勝ち。EGPの決勝三局目は最終盤での逆転が頻繁に起こるらしい。まあ、みんな疲れてますからね。

というわけでかなり危ない感じでしたが、なんとか優勝できました。

大会はかなり楽しかったので、他の日本の人々にも普段と違った環境でオセロを楽しみたいという方には、是非ヨーロッパ遠征をお勧めしたいと思います。
僕は一人で行ったおかげで海外選手とよりたくさん話せた気がしますが、友達がいる人は友達と一緒に行ってもいいと思いますw









[ 2016/05/09 14:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

よーろっぱ遠征 

どうも、皆さんお久しぶりです。
基本的に参加した大会は全部振り返っていこうと思ったのですが、去年のGWの大会の時点で更新が停止してしまい、追いつくのが大変困難な状況になってしまったのでいったん凍結して現在に戻ろうと思います。

今年のGWはまず5/4の京都オープンに参加します。
京都オープンは多分二連覇中なので、連続優勝を継続できるように頑張ります。
そして、その翌日にでんまーくへ旅立って5/7,8のCopenhagen EGPに参加する予定です。
海外に純粋な旅行で行くのはかなり久しぶりなので結構楽しみです。(と思ったが、今回もオセロ大会に参加するので純粋な旅行ではないか)
大会会場が最寄り駅から遠いっぽくて、会場に辿り付けるかどうかが心配です。
地名がデンマーク語で発音すらよくわからないのが不安を掻き立てますね。
まだオセロ以外何も予定を立てていないので、有用なコペンハーゲン情報があったら教えてください。
[ 2016/05/02 15:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

広島耐久戦 その2 

遅くなりましたが、5/4の広島耐久戦の続きです。
前回は4回戦まで4-0で切り抜けたところまで書きました。

第1部 5回戦 hachi三段 黒

最近ツバメ定石研究してるので打ちましょう!って言ったらほんとに打ってくれた。
優しい。
14あたりで研究進行を外れて普通に有利になったと思いきや意外とそうでもないかと思いきた最終的にはやっぱり優勢で終盤に入った。
そして迎えた下図

2016-0220-3.png
黒番

ここで私はB8と下辺をウイングにし、E8C8G7と下辺をウイング攻めさせたのちにG2と打てば、以下H1H2G1でG列一色でG8H8の連打が確定して勝てると考えてB8にうった。
実際、実戦は想定どおり以下E8C8G7G2となったが・・・

2016-0220-4.png
ここでなんとH2!

言われてみたら偶数理論にはめるための普通の手である。
これを見落として終わったかと思いきや以下普通に寄せてぎりぎり引き分け勝ち。
これは運命力の違いと言わざるを得ない。

なお、賢明な読者諸君は気がついたであろうが、最初の局面ではE8C8G7と打てば左下が(実質)白から打てない3個空きになり、逆偶数もどきになって黒余裕勝ちである。

6回戦 dice六段 白
ロジステロに対して謎の変化で対応してほぼ互角の展開。

20160220-5.png

黒番

実戦はここでA4と来たため、E7と埋めて黒に壁を破る展開を強いることで優勢となりそのまま白が押し切った。
上図では正しくはH6で打つのが正しいようだ。(by WZebra)

というわけで、ここまで6連勝で第一部は全勝優勝。
しかし、広島耐久戦はあと12試合もあるのだ。
この程度でうかれてはいられまい。
(続く)















[ 2016/02/20 17:17 ] オセロ大会 | TB(0) | CM(0)

逆転オセロニア 

皆さんお久しぶりです。

当ブログは正統派オセロブログのつもりだったのですが、最近話題の某ガチオセロブログにはかなわないことを思い知らされたので、これからはEnjoy勢としてEnjoy記事を書いていこうと思います。

そんなわけで今日は最高にEnjoyableなスマホゲーム、逆転オセロニアを紹介しようと思います。
概要は公式ホームページを見てもらえばわかると思うんですが、要はオセロをモチーフにしたソーシャルゲームです。
正式リリースは2/4なんですが、先月βテストが行われてまして、実は私それなりにやりこみました。
そこでオセラーの皆さんに是非ご紹介しようと思います。
作文能力の欠如により以下はQ&A形式になります。

Q.オセロと関係あるの?

A. あります!オセロニアと名前に冠している通り、間違いなくオセロです。
これはもうゲーム画面を見てもらえば一目瞭然です。

40361.jpg


盤の形が若干違うような気もしますが、これはもうまごうことなきオセロです。

40360.jpg

Xが空きマスになってるとはオセラーには思いつかない斬新な発想ですが、
これは間違いなくオセロです。

40363.jpg

初期配置が違いますが、これもオセロ・・・ あれ? まあいいや。

とにかくオセロだということがわかります。
ただ、通常のオセロと違って、最終局面での石数を競うのではなく、先にHPが0になった方が負けというルールです。
まあ、でもだいたいオセロということにしておきましょう。

Q. オセロの実力は関係あるの?

A. あります!もちろんソシャゲなので、キャラ性能の比重はかなりでかいです。
しかし、純粋なオセロ力が役に立つことも多いです。
例えば、CPUとの試合で以下のような局面になりました。

40358.jpg

私が黒です。
現在、相手のHPは9217/12005、対してこちらのHPは1959/9620です。
これだけ見ればこちらが圧倒的に不利な状況です。
しかし、オセラーの方は当然おわかりかと思いますが、オセロ的には局面は圧倒的に黒有利です。
実際、ここから先、白は一度も着手することなく全滅してしまいます。

403592.jpg

どんなにキャラ性能で勝っていようとも、パスさせられてしまっては何もできません。
オセロ力の見せ所は十分にあります。

Q. で、結局面白いの?

A. 核心を突く質問ktkr・・・ですね。
これに関しては、まだ未知数というのが正直な感想です。
このゲームは、CPU相手に進めて行くモードと、対人戦を行うモードの2種類があるのですが、オセロをモチーフにしているだけに、やはり対人戦にこそ醍醐味があるのではないかと考えます。
しかし、βテスト期間中はまだプレイヤ数が十分ではなく、ほとんどオンラインマッチングはできませんでした。
対人ゲームとして見たときにゲームバランスがどうなっているのか、それによって明暗がわかれるのではないでしょうか。

色々紹介してきましたが、間もなく2/4に正式リリースされます!
オセロ力を駆使して、君だけの最強戦法を作ろう!

※筆者はDeNAの回し者ではありません。




[ 2016/02/02 00:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)
プロフィール

りばー

Author:りばー
エイトスターズオセロ現世界チャンピオン

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -