オセロ

オセロのマニアックな話を書きます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

関東学生名人戦 

予選
なんか調子が悪い気はしたが、4勝1敗1分けで一位になれました。

決勝
タイトルホルダー不在のため予選2位の方と三番勝負

第1局 白
序盤で詰めて勝てたとおもいます。

第2局 黒
互角かやや有利と思ってた所で、ライン通しのX打ちを打ったらよく見たら通ってなくてすぐに隅とられて劣勢になって負けました。

第3局 白
互角かやや不利と思ってた所で、予想してなかった相手のうまい手がきて、そこから一気に劣勢になって負けました。
しかし、対局後観戦者の指摘によってその手について驚くべき事が!!!


\ABCDEFGH
1++++++++
2+++○●+++
3+●●○○+++
4++●●●○++
5+○○●○○○+
6+●○○●○○+
7+++○●+++
8++++++++

黒番


ここでg3斜め2石返しを打ってきたんですが・・・

よく見たら打てない!!

全然気がつかなかったです。
そのせいで負けたーー。

あ、そんな手打たれなくても、もともと不利だったとか言わないでください・・。

スポンサーサイト
[ 2007/04/30 10:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

たまには数学でも・・・ 

今日はオセロ全く関係ないです。


半年くらい前に数学の問題を思いついたのですが、いまだに解けないので誰か解いてください。

問 m,nを自然数として、n!+1=m^2の解を全て求めよ。(ただし、n!=1×2×・・・×n, m^2はmの二乗です。)
つまり、たとえば、4!+1=5^2 
が解のうちの一つです。

当然の事ですが、自分でも解けないので、これが簡単に解ける問題なのか解けない問題のかは知りません。
解ける問題である事は保証しかねます。
そもそも、解の個数が有限なのか無限なのかも知りません。
解けたらコメントで教えてください。


ああ、こんなのまともに読む人いるのかな・・・。
[ 2007/04/28 01:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

京都オープン 

京都オープンに行くかもと言ってましたが、実は先週くらいまで行く気はほとんどなかったんですが、やっぱり行く事に決めました。
(何故か)公欠は取れるらしいのでよかったです。
三位くらいに入らないと、帰りの交通費が足りなくなるので頑張ります。


ちなみに、この前の終盤問題の解答はA2でした。
解説は省略。
[ 2007/04/23 18:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

終盤問題 



\ABCDEFGH
1++●○+○++
2++○●○○+○
3●○●○●○○○
4○○○○○○○○
5●○●○●●●○
6●●○●○○●○
7●●●●●●●○
8++○●●●●○

黒番
[ 2007/04/21 18:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

大会参加予定 

今のところ参加予定の大会は

4月29日 関東学生名人戦
5月3日 京都オープン
5月20日 流山オープン

とか言っときながら、全部いかなかったりするかもしれません。

ところで、昨日の視力検査で、オセロのやり過ぎ(?)で視力が去年の半分になってる事が分かりました。
皆さんも気をつけましょう。謎
[ 2007/04/14 02:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

終盤問題解答 



\ABCDEFGH
1+●●○○○○+
2●+●●○○○●
3●●○●●○○●
4●○●●○●○●
5●○●○●●●●
6●●○●○●○●
7●○●○○○○+
8○+○○○+++
黒番  最後まで読み切って勝ってください。


正解はB8→A1→B2→白パス→H7→H8→H1→F8→G8で黒6石勝ちです。
僕は、H7の手が見た事のない筋で、思いつくのに時間がかかりました。

rookさん、yutanightさんコメントありがとうございました。
rookさん正解です。
[ 2007/04/12 11:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

終盤問題 



\ABCDEFGH
1+●●○○○○+
2●+●●○○○●
3●●○●●○○●
4●○●●○●○●
5●○●○●●●●
6●●○●○●○●
7●○●○○○○+
8○+○○○+++
黒番  最後まで読み切って勝ってください。


[ 2007/04/10 16:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

色々 

今日から学校です。
やったーー。
これでやっと暇じゃなくなる。
春休みは暇すぎてオセロばっかりやってました。
棋力は回復したかな・・・?
先週末は大会に二回出て、結果は良かったんですが、内容が微妙な気がします。
今年は六段以上をとらなければ気が済まないので、夏までは、多めに大会に出ようと思ってます。

京都オープン行きたい・・・。
でも京都まで行って日帰りというのはちょっと・・・。
どうしよう・・・。

[ 2007/04/10 04:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

上野オープン 

まぐれで5勝0敗で優勝しました。
品川シーサイドオープンの帰りにデラックスオセロ盤を持ってるか聞かれて、「もってないですけど、明日もらいます」みたいなことをネタで言ったら本当にもらえました・・・。

受付の所でくじを引かされて、いきなり八段と当たりました。
が、色々あって組み合わせが変わってしまいました。

一回戦 三段 黒
飛び出し定石から引っ張って行く展開で詰め切ったかと思ったんですが・・。
解析してみると実は、中盤の時点ではほぼ互角の形勢のようで、悪手連発で面白いです。
35手目以降形勢が入れ替わったてだけを並べてみます。
36手目までで黒2石勝ちの形勢。
37手目で黒2石勝ち→引き分け
38手目で引き分け→黒2石勝ち
39手目で黒2石勝ち→白2石勝ち
40手目で白2石勝ち→黒6石勝ち
41手目で黒6石勝ち→引き分け
44手目で引き分け→黒2石勝ち
その後差を広げて52手目までで黒11石勝ちの形勢になったが・・・。
53手目で黒11石勝ち→白4石勝ち・・・
これで、ああ、負けたと思っていたのですが・・・
58手目で白4石勝ち→黒8石勝ち
連打の見落としっぽいです。
これについては相手に方のブログに既に書いてあったりするので省略します。

53手目の逆転の悪手は,やってはいけないミスですが、終盤の入り口あたりで、微妙な形勢の入れ替わりの手はまだ仕方ないという気はします。
20個も空いてる時点で引き分けの手と2石勝ちの手の差なんて分かりません・・・。

20個空きからの石損 21


二回戦 無級(?) 黒
ヨット定石から始まり、優勢になったはずが・・・
気がつくと、43手目までで白21石勝ちの形勢だそうです。ぼろ負け・・・。
ところが、44手目が悪手だったので形勢逆転して助かりました。
棋譜が45手目あたりから思い出せません。
というよりも並べ直してみると実戦では通ったラインが通らなくなってる気がする・・・。
返し忘れしたかな・・・。


三回戦 四段 白
最近虎定石の4手目を斜め一石返しのほうに打つのがマイブーム。
という訳でそれを打ちました、が、すぐに普通に定石に戻ってしまいました。
中盤で優勢を築いてそのまま逃げ切ったと思います。

20個空きからの石損 8


四回戦 八段 黒
一回戦で当たるはずでしたが、結局ここで当たってしまいました。
中盤は優勢だったと思っていたのですが、39手目が悪手だったらしく2石勝ちの形勢。
しかしここから奇跡的に一手も間違えなかったので勝てました。

20個空きからの石損 0

五回戦 二段 白
24手目まで三回戦と同じ進行で、時間的に有利になる。
しかし、局面的に不利になる。
終盤8石負けの形勢だったが、相手のミスを誘って引き分けになり、引き分け勝ち。
引き分け勝ちをとれていてよかったです。

20個空きからの石損 4

[ 2007/04/09 05:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

品川シーサイドオープン 

4勝2敗でした。
なかなか勝てませんねー。

一回戦 三段  白
牛定石から謎の展開。
中盤不利になった気がしたが、25手目あたりからそのうち有利になって何故か勝てた。
20個空きからの石損 6

二回戦 2級 黒
虎2定石
中盤から優勢を拡大していって勝てた・・・と思う。
終盤は勘でたくさん取れそうな所に打って行ったが、解析してみると最後20手石損0でびっくりしました。(でも39手目は緩手でした。)
20個空きからの石損 0

三回戦 四段 黒
飛び出し定石を打った。
気がついたら終わってた。
相手が強すぎました。
20個空きからの石損 8

四回戦 七段 黒
表蛇定石を打ってみた。
終盤は優勢で迎えたが、41手目が悪手で引き分けの形勢。
しかし白も44手目が大悪手で黒26石勝ちの形勢になった。
ところがここから黒の迷走が始まる。
以降黒は24石損、白は0石損でかろうじて2石勝ち。
終盤をもっと練習しなければと思いました。
20個空きからの石損 34

五回戦 六段 黒
正直勝てる気は全くしなかった。
虎2定石から展開して何故か勝てた。
今、並べ直した所、相手が40手目に返し忘れをしていた模様。
この返し忘れで4石負けの形勢だったはずが18石勝ちの形勢になりました
おかげで勝てました・・・。
全然気がつかなかったです。
決して気がついてたけど指摘しなかった訳ではありません。
気がついても指摘しなかっただろうけど・・・
20個空きからの石損 10

六回戦 四段 黒
虎2定石
中盤から終盤にかけて不利に感じてきたが、様々なライン通しの筋が残り、行ける気がしてくる。
39手目までの時点で白1石勝ちの形勢。
なかなか面白い終盤で、双方悪手を連発してました。
逆転の悪手だけで双方2回ずつ打ってます。(40手目,47手目,52手目,53手目)
結局敗着は53手目で、負けてしまいました。
53手目の方は難しかったし時間もなかったので仕方がないという気もしますが、47手目の方は正解を打ちたかった。
というわけでその局面



\ABCDEFGH
1++●●●●●○
2++●○○●○+
3+●●●●○○○
4+○●●○○○○
5○○●○○○○○
6○○○●●●○○
7+○●●●●++
8++●●●●++
黒番  次の一手は?


こうやって改めて見てみるとこんな所で間違えたのがばかばかしく思えてきます。
終盤への時間の温存は重要です。
20個空きからの石損 30



三回戦のように、序盤から中盤で大きくリードを奪われてそのまま負けというパターンは前から結構多かったのでそれはもういいのですが、どちらかというと終盤に自信があっただけに、四回戦、六回戦と二回も終盤で大きく崩れてしまったのが残念です。


明日は上野オープンに出るので、こんどは終盤に十分な時間を残すようにします。
[ 2007/04/07 23:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

序盤問題解答? 


\ABCDEFGH
1+++○++++
2++○○●+++
3++○○●●++
4+○●●●●++
5+●○○○+++
6++++++++
7++++++++
8++++++++
白番


F5だとB3に打たれて白苦しくなるのでB3が正解だと思ったんですが、コメントによれば両方あるらしいです。
言われてみればB3→F6も嫌ですね。
でも、それならA6で何とかなりませんか?
それに比べ、F5→B3の展開はもうどうしようもないように見えるのですが。
何となくB3の方がましな気がするのですが、どっちもきつそうなのでどちらを選ぶかは各人の自由という事で・・・(それでいいのか?)

異議のある方はコメントお願いします
[ 2007/04/06 20:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

名人戦二回戦 

今更ですが、先ほど解析した所、名人戦の二回戦で自分がいかにアホな事をしたかがわかりました。
僕が黒で、フラットローズから37手目まで暗記で黒-6の形勢です。
もちろんそれは知っていたのですが、見た目的に黒打ちやすそうなので打ってみました。
ところが・・・

それ以降、黒は石損なし、白は2石損一回で白4石勝ち・・・。

・・・間違えてくれるとか考えた僕が甘かったです、ごめんなさい。
っていうか暗記はずれてから一手も間違ってないのに負けたのか・・・。
完全に作戦ミスでした。
こんな負け方は非常に不本意なのであまり長手順の暗記オセロはやめようと思いました。
というか終盤まで、自分が劣勢になる手を暗記で打つとか愚かだと思います。

はい、以上言い訳でした。
[ 2007/04/05 03:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

序盤問題 

最近オセロの事ばかり書いて、急にオセロブログっぽくなってきましたがまたもや問題です。

\ABCDEFGH
1+++○++++
2++○○●+++
3++○○●●++
4+○●●●●++
5+●○○○+++
6++++++++
7++++++++
8++++++++
白番
[ 2007/04/04 23:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

問題の解説など 

某山奥から帰宅しました。
某核開発疑惑国で行われる、某コンテストの日本代表選考におそらく落ちました。
選ばれたひとには頑張ってきてほしいと思います。

簡単に解答を書いてみようと思います。

\ABCDEFGH
1+●●●++●+
2++●●○●+○
3+○○○●○○○
4+●○●○●○○
5+●●○○○●○
6+●●●●●○○
7++●●●●++
8+●●●●●●+

問題1 白番


色々ありそうですが、比較的簡明かつ一本道で勝てる手順があります。
黒のブラックラインの通しのケアや、逆偶数の打破などがポイントです。

正解は白E1→黒F1→白A5→黒A6→白B2です。
まず、E1F1の交換でG2ライン通しを防ぎその後の手順で偶数にはめる事ができ簡明に勝てます。


\ABCDEFGH
1++○○○○++
2++○○●●++
3●●○○○○●●
4●○○●●○○●
5●○○●●●○●
6●○○○●○●●
7++○○●●+●
8+++○●○++

問題2 黒番

左下の白から打てない奇数空きの温存がポイントです。
すると偶数理論からして、右下のG7G8のどちらかという事になりますが、G7に打つとH8G8H2となった後、G2に打った時中辺が一色になってしまいG1H1に連打をされてしまうので勝てません。
一方G8ならばH8G7H2のあとG2と打っても連打にはなりません。
したがって偶数理論で大勝できます。
よってG8が正解になります。



\ABCDEFGH
1++++++++
2++++●+++
3+○●●●+++
4+○●●●+++
5○○○○●○○+
6●●●○●○++
7++++●+++
8++++++++

 問題3 白番

D8正解のつもりで出したんですけど、D2でも良いらしいです。
というか後の展開を考えると、むしろD2の方がいい手かもしれません。
僕は、実戦だったら間違いなくD8に打ちます。(というか多分D2の存在に気がつかないです。問題のせる時に正解以外の手がないか入念にチェックしたのに気がつかなかったんですから。)
でもD8打った後白難しい展開にしかならないですね。
つまりD8みたいな手も場合によってはあるんだという事が言いたかっただけです。
でも、この場合はD2の方が後の展開が白簡単だと思います。
[ 2007/04/04 02:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

りばー

Author:りばー
プロオセラー目指してます

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。