オセロ

オセロのマニアックな話を書きます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ぼくのかんがえたさいきょうのおせろひっしょうほう 

オセロモチベが最近著しく低下したので研究成果(笑)を惜しげもなく放出してみる。

で、必勝法ですが、
0.まずは伏せ石に勝ってください
1.引き分け勝ち権利を取ってください。
2.念力で相手に黒番を取らせてください。
3.念力で相手に虎大量(C4 E3 F6 E6 F5 C5 F4)を打たせてください

nikki301.png

と、発動条件は厳しいですが、ありえなくもない状況だと思います。
さてこの条件がそろった時点で白の勝利が確定しますので、この時点ですかさず言ってやりましょう



「お前はもう死んでいる」


と。


で、具体的な手順ですが、下の棋譜の通りに打つだけの簡単なお仕事です。






これで白の引き分け勝ちとなります。
はい、簡単ですね。



・・・と、これだけでは不親切なので少し補足。

相手がこれ以外の手を打ってきたらどうなるんじゃ!と誰もが思ったと思いますが、
実はそれは白の思うつぼなのです。


というのも、ここから考えられる黒からの変化はかなり限られてる上に、白からのバリエーションが異常にたくさんあるので白必勝になります。

というか実際に対策を立てるのは以下の4パターンで十分です。

9手目d7
nikki302.png


11手目f3
nikki303.png

13手目g3
nikki304.png

そして最後に25手目h7

nikki305.png



これ以外の変化は黒全然だめです。
なのでこれだけ対策すれば十分。
(そういや終盤にもなんか1個あった気がするけどさすがにそれくらいは覚えましょう)


まあ、この4つの形はどれもそれなりに厄介ではありますが、この4つだけなら全部最終手まで暗記するのもそんなに苦ではないでしょう。
というかこれくらい暗記するのが現代オセラーとしての当然の嗜みと言えます。

そもそも変化というのは形勢を損ねるのを相手との知識差でカバーしようという戦略ですが、この場合では黒からの可能変化数が極めて少ないため、白も十分な知識を持つことができるので、ただ単に白が有利になるだけです。
黒は変化で仕掛けたつもりが、実は白の手のひらの上で踊らされていただけというわけです。

まあ、7手目の時点で必勝というのは誇張といえば誇張ですが、(白がこの4パターンを十分に対策しているという前提をつければ)もう既にかなり白有利です。
そして最善進行で25手目b6まで進んだら白の勝利が本当に確定します。(慎重な方は「お前はもう死んでいる」はこのタイミングで言いましょう)


以上のようになんでもないようなところで勝敗が決してしまう、現代オセロとは恐ろしいゲームなのです。










さて、ところで私の王座戦最終戦はどうだったでしょうか。

1.引き分け以上で優勝
2.白番
3.相手は虎大量を選択

!?



・・・!?



・・・・・・!?








まあ必勝法(笑)の紹介はこれくらいにしておきましょうか。
でも虎大量はFJTにされたときに変化がしづらいので打ちづらい(特に格下相手に)というのは割と思ってたり。
現状ではFJTにしてくる人はあんまいないので大丈夫ですけど。
(と書くことによってFJTを流行らせる作戦)







今日はくだらない日記を書いてしまい大変失礼しました。
お詫びにためになるサイトを紹介しようと思います。
bassyさんのオセロで勝つ必勝法というサイトです。
オセロの戦術を解説したサイトは数多くありますが、これほどよくまとまっていて、しかもかなり突っ込んだ内容まで書いてあるページはなかなかないと思います。
強くなりたい人は必見です。
普通に有段者とかでも為になると思います。

おしまい

変なテンションで書いた記事なので寝て起きたら消すかもしれません。




スポンサーサイト
[ 2011/09/23 08:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(7)
プロフィール

りばー

Author:りばー
エイトスターズオセロ現世界チャンピオン

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
カレンダー
08 | 2011/09 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。