オセロ

オセロのマニアックな話を書きます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

世界選手権 

日本の団体優勝、そして信川さん優勝おめでとうございます!

2日目と3日目は疲れてて後半しか見てないですが優勝決定の瞬間はばっちり見届けることができました。


1日目みたいに盤面を紹介しようかとも思ったんですが、ちゃんと考えながら見てた試合が少ないので書けるか微妙なところです。
2日目の後半と決勝については書けそうなのでそのうち書くかもしれません。


あとらいとんさんをパクってニコ生始めました。
コミュはこちら







とりあえず決勝の時の動画をうpしてみた。

新潟の検索王様が見つけてくるまで待とうかとも思いましたがもう貼り付けちゃいます。

ところで、WOCの時は結構人来ましたが、普段ニコ生でオセロやってても過疎るんですけど需要あるんですかね?

棋譜解説とかもしてみたいけどさすがにだれもいなかったら悲しいよねっていう。

誰か放送中に対局してくれる人or棋譜を提供してくれる人はいますかね!

酷評されても文句言わない人で・・・。

スポンサーサイト
[ 2011/11/07 21:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

WOC観戦記 1日目 

1日目終わりましたね。
選手の皆さんはお疲れ様でした&明日も引き続き頑張ってください。  

今回の記事では今日の試合の中からいくつか盛り上がったところや興味深かったところを簡単に紹介していこうと思います。
特に後半をわりと真面目に話し合いながら見てたので後半が多めかもしれません。


2回戦 戸田七段ー谷田七段 戦より

nikki306.png
白番


黒の優勢の流れで進んだ試合だが、ここで白b7はどうか?という話に。
一見b7に対してはd1と当てて良さそうだが、そこでa3という好手がある。

nikki307.png
黒番

黒はb2でホワイトラインを保持したいが縦が返ってしまうのでできない。
よってここはf1と打つしかなく、既にドロー形勢のようである。
始めの盤面の白b7に対しては、h3g2d1と冷静にブラックラインを切って行けば黒の+10形勢となるが観戦中にはあまり見えてなかったので紛れを求める意味ではb7は有力な手だと思う。

なお、実戦はb2と打って簡明に黒勝ちになると思われたが、その後に黒のミスが出て白の逆転勝ちとなった。
(その意味で実戦のb2も紛れを求める有力手なのかもしれない)


6回戦 Yohanes Chitraー信川七段 戦より

nikki309.png
白番

ここはg7f6a5でa6にも手を残し、大勝!と思っていたら実戦は白はそう打たずに、あまり大きく勝てなくなったので損だと思った。
ところが、g7f6a5でも次に黒g2という手があって種石がかなり消えてしまって白は別に大勝できなかったのだった(一応g8で+8形勢)

nikki310.png



恐らくこれを読んでg7に打たなかったんでしょう。

6回戦 Matthias Bergー谷田七段 戦より

nikki311.png
白番

観戦中にはa8b8a2c1b1・・・という展開で白勝ちになりそう、という結論に達していた。
実際a8b8a2は最善手順なのではあるが、次の黒e1という手があるのを軽視していた。

nikki312.png
白番

これに対して平凡にf1では以下g1b1c1d1b2a1という展開で偶数理論にはめつつもなんと白2石負けとなってしまう。
実はこの局面ではb2が最善手で、ドローとなるのであった。
a8から白勝ちを読み切った!と思っていたら黒のe1の手もそれに対する白b2も見えてなくて、全然読み切れてなかった。
これらの分岐を含めてa8からの勝ちを正確に読み切るのは極めて難しいと思われる。

某L氏「B1の誘惑が(ry( ・ω・)」

7回戦 谷田七段ーSURY Bartłomiej 戦より

nikki313.png
黒番

ここはg3g8f3といった手順で詰んだのではないかと思われた。
ところが、実際にはg3にはh2という手があり、黒はまだ難しいところであった。
ちなみに実戦のb8は、以下g8g2e8b7a8f8という手順で詰めにいく上手い手順かと一瞬思ったが、f8の時にb4までかえしてしまうので成立しないので混戦となってしまった。

某A氏「C打ちとか初心者か」

正しくはg3でもb8でもなくh4からb2を狙っていくとたくさん勝てるらしいですけど全然見てなかった。



そして紆余曲折を経て下図

nikki314.png
白番

黒のb2通しがどうやっても防げなくてつらそう・・・という話の流れに反応して、じゃあ白g4でラインきっとけば?と半ばネタで言ってみたところ、意外と成立しそうな筋だということに気がつく。
そして実際にg4は最善手で+2形勢だそうです。
f8とh7が見あいになるとはなんとも珍しい形。

7回戦 AUNCHULEE PiyanatーBERG Matthias 戦より

nikki315.png
黒番

白が右辺h5に当てたところ。
当然のように黒はh6と取ったが、某過去のオセラーA氏が言うにはa1h1h7で簡明に黒勝ちだったのに、との事。
一瞬「何言ってんだこいつ・・・」って思ってしまったが考えてみればその通りだった。
評価値的にはa1も実戦のh6も同じなのだが、h6のほうが難解な形になり実際実戦もその後逆転を許してしまっているので簡明に勝てるa1のほうがよいだろう。
ちなみにA氏は過去にも世界チャンプの敗着を瞬時に指摘したこともあり、末恐ろしい逸材である。


7回戦 信川七段ーHURAPHAN Wachiraphan 戦より

まず、今日見てた中で最後に終わった試合だったので僕のテンションがやばかった。
紆余曲折を経て下図

nikki316.png
黒番

ここでa5から一本道で黒2石勝ちを数えきって一安心・・・というところに黒はA3に着手!

nikki317.png
白番

ひいいいいいいいい!

まずこの時点で奇声を上げる僕(1回目)

しかしその後a2からの手順でやはり黒2石勝ちであることを確認して再び安堵。
というわけで黒2石勝ちという結論に達したのだがなかなか打たないのでしばらく眺めてると白a7の手が目に入った。

ん・・・? a7とかあるのか・・・?

いや、次a5で横たくさん返るしあるわけないだろwww

・・・ん、待てよ・・・?a7a5b2でb列結構取られるぞ・・・?

a1の時の斜めもなんかe5で止まってるし・・・左辺も取られるし・・・?あれれれれれ???

ということでとりあえず数えてみるかって思って数えてみたらなんとドローでした(o´_`o)

ひゃあああああああああああああああああああ!

この時点で奇声を上げる僕(2回目)

ということでa7に打つなーって思いながら見ていたんですが、冷静にa7に打つ白

くぁwせdrftgyふじこぉp;

この時点で奇声を上げる僕(3回目)

そしてそのまま(ではないけど)ドローに。
これはもったいない・・・って思ってると、白が針落ちしたとの情報が入る。

ぇぇぇええええええええええええええ?

この時点で奇声を上げる僕(4回目)

というわけで熾烈な試合でした。(僕対局者じゃないのにw)
というか深夜、というか早朝に何度も奇声をあげてすいませんでした。
通報されないように気をつけます。

あ、スカイプしてたから独り言じゃないんだからね!!


・・・と、徹夜明けで書いたせいか少しテンションがおかしいのは許してください。

あと全く校正してないんでなんか致命的な間違いももしかしたらあるかもごめんなさい。

それでは僕は今から学校に行きます。

今日はあまり昼寝できないので観戦できるか怪しいです。

選手の方々は引き続き明日も頑張ってください。

もしこんな記事読んでたとしたらこんな記事読むひまがあったら2日目の対策したほうがいいですけどね!
[ 2011/11/04 11:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

りばー

Author:りばー
エイトスターズオセロ現世界チャンピオン

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
カレンダー
09 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。