オセロ

オセロのマニアックな話を書きます
月別アーカイブ  [ 2013年04月 ] 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

囲碁対将棋 

ニコ生で囲碁のプロ対将棋のプロの七番勝負というのをやっていて、その中の1種目にオセロがあったので棋譜を取ってみた。(本家はこちら。ただし、ニコニコのプレミアム会員じゃないと見れないかも。)

棋譜はこちら

igosyougi.png


黒 中村太地六段(将棋)43 
白 瀬戸大樹七段(囲碁)21

これだけだとなんなので簡単にコメントでも。
序盤は黒に外回りの手が目立ち、白ペースの展開。
白は中盤の入り口までは非常にうまくうち回していたが、下図の局面で初めての疑問手。

igosyougi24.png
白番

ここはC1と上辺をダブルA打ちにして手数を稼ぎたいところ。実戦のように、A5とうってしまうと、そのあとにC1に打ってもD1と当てられて、E1と取ると斜めがたくさん返るようになって打ちづらいのが問題。

さらに、白の28,30も緩手で、形勢を五分に戻してしまった。

と、このペースで書いてるとキリがないので勝敗を決めたポイントに飛びます。

igosyougi40.png
白番

敗着はこの局面で打たれたD8。さすがに外側の石を返し過ぎであった。
僕は、ここは、A2A6A7B2でいい勝負だろうなと思って見ていたが、実際にはA7で白の完勝局面らしい。細かい説明は省略するが、わざとストーナーを食らって右辺の連打で手を稼いでいく方針である。
その後は黒に石損はあったものの、勝負には影響せず、勝ち切った。
強いて言えば、

banmen45.png
黒番

この局面で打たれたG1は一見すると不安になっちゃう手ではあるのだが、最善のE1と応対されても黒まだ勝っているし、実戦ではh1と取ってくれて綺麗にウイング攻めが決まって盛り上がったのでいいんじゃないでしょうか。
(なお、みなさんお分かりの通り、この局面はG7で黒圧勝なのだが。)


囲碁・将棋のプロの人たちがオセロやったら何も知らなくてもめっちゃ強いんだろうなーとかちょっと思ってたわけですが、さすがに前提知識なしでは普通の初心者とほとんど変わらないということがわかって安心(?)しました。
まあ、ポテンシャル的には圧倒的だろうから、真面目にオセロ勉強したらすぐ強くなるんでしょうけど。まあそんなことはしないと思いますけど。

と、以上、オセロも囲碁も将棋も中途半端な私からのなぜか上から目線のコメントでした。











スポンサーサイト
[ 2013/04/29 21:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

りばー

Author:りばー
エイトスターズオセロ現世界チャンピオン

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
カレンダー
03 | 2013/04 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。