fc2ブログ

オセロ

オセロのマニアックな話を書きます
月別アーカイブ  [ 2023年03月 ] 

名人戦等 

前回2018年の名人戦まで振り返ったので、今回はその後を駆け足で振り返っていきます。

2018/6/17 全日本選手権東京ブロック予選(2回目)
東京ブロック予選は2回開催されたが、どうせ通過出来るだろうとたかをくくって2回目から参加。
結果○○×○××の3勝3敗で全く惜しくもなく敗退。
2018年度のメジャー大会は王座戦が(多分)仕事の関係で参加できなかったので、結局これで終了となった。

2019年は1月から米国赴任予定で、米国代表で世界選手権出る気満々だったので、日本のメジャー大会には出場しなかったが、何故かビザが下りるのに約1年かかって結局ずっと日本にいた。
結局意味もなく出場機会を見過ごすだけになってしまった。

2020年1月にビザがおりたので渡米。2020年も米国代表で世界選手権出る気満々だったが、コロナにより全ての大会がキャンセルになったので実現せず。

2021年4月に帰国。2021年は世界選手権が開催されそうになかったのでメジャー大会は参加見送り。

2022年からオセロ大会復帰

2022/3/21 名人戦
4年ぶりの大きいオセロ大会でかなり緊張した。(といっても他の多くの参加者も最低2年ぶりくらいではあったと思うが)
出だし4連勝で準々決勝に進出し、久しぶりの割には手ごたえを感じた。
準々決勝の相手は下村五段
自分が白で引き分け定石からの変化が功を奏しやや優勢の局面。

20230323-1.png

白番
ここは冷静に見ると明らかにC7一択にしか見えないが、実戦は何故かE8。
おそらく何か別の進行の研究進行と混同していたと思われる。
以下B6A7と無駄に左辺ウイングも作らされて何がやりたいのかわからない。
一応終盤引き分け形勢まではいったが、結局黒引分勝ちなのでノーチャンスで敗北
これもよくある負けパターンの一つ「研究外れた直後に敗着」というパターンである。
そもそも上記局面まで黒はきわめて自然な手しか打っていないので完全な準備不足であったと思う。

2022/7/10 王座戦
出だし3連勝で準々々決勝に進出。
今回は上位2名世界戦代表に選ばれるとのことなので実質(?)準々決勝みたいなものである。
相手は世界チャンピオン・高橋八段で私の黒番。
正直当たることを想定しておらず全くの無策であったため、数年前に準備していた秘策を発動した。

20230323-2.png

ここで黒F2!
このブログの古い読者は見覚えがあるかもしれないが、これは2015年の名人戦で2戦採用して決勝進出の原動力となった進行である。(参考記事1参考記事2
このF2は正直ぱっと見は何が嬉しいのか全くわからないが、実際ソフト研究してもよくわからない。
しかし、打ってみると何故か勝てるという不思議な展開である。
本局は中盤形勢が揺れ動きながら進行し、白の勝負手G2が出て以下の局面

20230323-4.png

黒番
構想としては、A3から将来的にA4,A5と手を稼いで行きたかったのだが、A3に対してH5と当てられると受けが難しい。
以下H3G3A4が自然だがその場合F1のストーナーで上辺を確定されてしまうのが不満。
しかし、ここではA3H5に対してはA4!という好手があった。
大胆に露出した石を返してしまうので気づきづらい手だが、白がG1に打ってくれればストーナーは消滅した上でE7からA5のミニライン通しを狙って味良く打てるし、それ以外なら単にH1と取ってしまえば良いので微優勢だった。
実戦は結局この展開に気づかずA5からラインを切りに行ったが、F7から再度通されてやや苦しい形勢
一応以下の16個空き局面で引き分けの筋があったが、そんな手順は全く眼中になく敗着を放った。(なお、本大会のルールは引き分け有)

20230323-3.png

黒番
これは読者の演習問題とするので解答は省略する。
なお、高橋八段は終局後即座に正解筋を石数まで正確に指摘されて2度負かされた気持ちになった。
スポンサーサイト



[ 2023/03/24 00:00 ] オセロ大会 | TB(0) | CM(0)

名人戦 

皆様お久しぶりです。
前回は2017年の全日本まで振り返ったということですので、2017年の王座戦から・・・と思いましたがパソコンの故障により棋譜が残ってないのでスキップします。
福永さん優勝おめでとうございました。

ということで今回は2018年の名人戦を振り返ります。

2018/3/18 名人戦

1回戦からいきなり長野七段に当たってしまいました。
私が白です。
私は普段縦取り主流なのですが、本局は個人対策で斜め取りからの変化の仕掛けが割と上手くいき僅かに優勢で以下の局面を迎えました。

20230321-1.png

白番。
黒に左辺A4と当てられたところです。
実戦はA7A2F7E1B7と左辺の双方C打ちを攻める展開で行きました。
しかし・・・

20230312-3.png

ここで黒H3が上手い手。
これで次に白F1の時にB5まで連結してしまうのが辛く、これではっきり黒が優勢。(まあ連結しなくても白有利かと言われると微妙なところですがそれを言い始めると話がややこしくなるので省略)

元の図に戻って、ここでは左辺は触らずにF7E1H3として機を見てB2を狙って行くのが正解らしいです。
私は多分左上4個空きにB2に白から打つ手を軽視していて見つけられなかったんじゃないかと多分思います。(なにせ4年前の話ですので詳しくは覚えてません。)

このミスで本来は負け試合、というところでしたが、その後相手にもミスが出てなんとか勝ちを拾うことが出来ました。

2,3回戦と連勝して迎えた4回戦
相手は佐々木七段で私が黒です。
私が最近多用している野兎定石からの展開でしたが、白にあまり見慣れない受けをされて、序盤から一気に崩されました。(最近というのは2018年現在の意ですが、2023年現在でも未だに多用しているところに進歩の無さを感じます。)
そして・・・

20230321-2.png

24手目白F8まで、黒番
これでH4~D8のミニラインを通されていてはもうどうしようもありません。
これはもう投了級の形勢で、一応最後まで打ちましたが何も出来ず完敗。
こういう序盤での詰まれ試合が私の典型的な負けパターンの一つで、何とかしないといけないと思いつつも全く改善出来ずに今に至ります。(ここでいう「今」とは2018年の意ですが以下略)

5,6,7回戦は立て直して連勝し、なんとか6勝1敗で6位入賞という結果でした。
清水さん優勝おめでとうございました!
[ 2023/03/21 21:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

りばー

Author:りばー
プロオセラー目指してます

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -